妊娠中に便秘薬を飲むと赤ちゃんに影響がある?

妊娠中便秘薬影響

 

妊婦健診の際、

 

最近便秘気味で・・・

 

と言うと、必ず便秘薬が処方されていました。

 

私が良く処方されていたのは「マグミット」という白い錠剤で、
便が柔らかくなるから、これを少し飲んでみて。
それでも出なかったらもう少し強めのお薬を出すから。」

 

と医師に言われました。

 

妊娠中に良く処方される便秘薬

 

妊娠中に飲んでも良いとされる便秘薬って限られているので、
実はそんなに種類は多くないんです。

 

比較的効果が緩やかなものばかりです。

 

マグミット・マグラックス

妊娠中便秘薬影響

 

酸化マグネシウム」を主成分とする便秘薬で、私は飲むと便が緩くなり出しやすくなりました。
酸化マグネシウムは妊娠中に飲んでも影響が出にくいとされているので、妊婦さんや産後の授乳婦さんでも飲んで良いこととなっています。

 

ラキソベロン

妊娠中便秘薬影響
ピコスルファートナトリウム」を主成分とする便秘薬で、大腸の蠕動運動を活発にする作用があります。

 

液体の便秘薬で、水に数滴入れて一緒に飲むという変わった方法です。

 

1回で何滴飲むかは医師の指示に従って飲むようにしてください。

 

このラキソベロン、私は妊娠していない時に一度飲んだことがあるんですが、
これけっこうキツめのお薬だと思っています!

 

夜飲んで、次の日の朝にはかなりお腹がキリキリ痛くなって、便秘は解消するんですが、
この痛みは妊娠中にはあまりよくないんじゃないかなぁと思っています。

 

でもいちおうこのラキソベロンも妊娠中でも服用して良いことになっています。

 

 

 

主に病院から処方される便秘薬はこの2種類で、
それでもどうしても出ない!という時は浣腸をされることもあるようですが、
浣腸は刺激が強いので最終手段だと思っておいてください。

 

妊娠中に便秘薬を飲むと赤ちゃんに悪影響が出ることは無いの?

 

上で紹介したマグミットとラキソベロンですが、
妊娠中に飲んでも胎児に悪影響を及ぼすことは無いとされています。

 

なので、妊娠初期から便秘であれば産婦人科で処方してもらうことができます。

 

ただ!

 

私の個人的な経験からすると、

 

マグミットはかなり効果が緩やかなので大丈夫ですが、
ラキソベロンは妊娠中に飲むのはちょっと怖いなぁと思いました・・・

 

というのも、腸のぜんどう運動を促すお薬なので、飲むとお腹がキュルキュルきます!

 

便秘解消にはラキソベロンの方がたぶん効果はあると思うんですが、
このお腹の痛みが、妊娠中、特に大事な妊娠初期に良いとは思えなくて・・・

 

下痢でさえ、妊娠初期は良くないと言われていますから、
赤ちゃんが勘違いして流れてしまったらどうしよ〜〜なんて思ってしまいます。
(実際はそういったことは無いようですが、絶対に無いとは言い切れませんよね。。)

 

でも、マグミットは便が柔らかくなり出しやすくなるだけで、
頑固な便秘の人にはあまり効かないかもしれないので、

 

どうしても出ない!!ってなったら、溜めておくより出した方が絶対良いので、
ラキソベロンのお世話になると良いと思います。

 

便秘薬を使わなくて良いような腸内環境に

 

とはいっても、心配性は方は、できるだけ妊娠中は薬を飲みたくない!と思いますよね。
そういった方におすすめなのが、おつうじ屋のするっと抹茶オリゴ糖です。

 

するっと抹茶は私も飲んでいましたが、
腸内フローラが改善し、腸内環境が良くなり、
またオリゴ糖がそれを手助けしてくれたおかげで妊娠中の便秘に悩まされることはありませんでした。

 

するっと抹茶はたまごクラブでも紹介されていて、今かなり人気のようなので、
便秘薬の影響が気になる・・という人はこういった物から試してみてくださいね^^

 

 

↓するっと抹茶☆

 

便秘薬に頼らない!妊娠中でも飲めるサポート飲料&オリゴ糖の詳細記事はこちら>>