妊娠中は市販の便秘薬を勝手に飲んじゃダメ!

妊娠中便秘薬市販

 

妊娠中なのに、コーラックとか飲んでいませんか?

 

妊娠中はどうしても便秘になりやすいもの。

 

どうしても出なくなり、仕方なくコーラックを飲んでいる・・・という人はいませんか?

 

コーラック以外にも、ドラッグストアにはいろんな種類の便秘薬が山ほどありますが、
勝手に自分で選んで飲んだりしていませんか?

 

それ、絶対だめですよ!

 

妊娠中は基本的に市販の便秘薬を勝手に飲んではいけません。

 

市販の便秘薬は妊娠中飲んではダメな物も多い

 

便秘薬で有名なのが、大正製薬の「コーラック」ですよね。
CMでもバンバンしてるし、下剤と言えばコーラック、ってくらい有名な便秘薬。

 

あのピンクの小粒コーラックも、実は妊娠中には飲んではいけないことになっています。

 

流産早産の原因になるそうなので、本当に注意してもらいたいところです。

 

コーラック以外にも、市販の便秘薬には、ハーブやセンナなどの生薬など、妊娠中には飲んではいけない成分が配合されている物が多いです。

 

きちんと成分まで調べれば、飲んでも良い物も見つかるかもしれませんが、
基本的には自分で購入せずに、妊婦健診の際などにかかりつけの医師に相談し、
妊娠中でも飲んでも良いマグミットラキソベロンなどの便秘薬を処方してもらいましょう。

 

妊娠中に飲んでも良い便秘薬についてはこちら>>

 

下剤を飲む前に腸内フローラを改善する努力を

妊娠中便秘薬市販

 

いくら妊娠中でホルモンバランスが乱れているからと言っても、
全ての人が便秘になるわけではありません。

 

やはり、日ごろから腸内環境が整っていて、善玉菌が優位な元気な腸を持っている人は、妊娠中でも便秘になりにくいです。

 

なので、妊娠中でも腸内フローラを改善する努力をしてあげると、頑固な便秘でもマシになるか、改善することも十分ありえるんです!

 

努力する方法としては、やっぱりまずは食事ですよね。
口に入れる食べ物を見直してみて、
納豆ヨーグルトなどの乳酸菌が多い物、ゴボウニンジンこんにゃくおからなど食物繊維が多い物を意識して食べるようにしてみてください。

 

それでもダメな場合は、当サイトでも紹介している便秘解消サポート飲料や、オリゴ糖などを摂取して、
徹底的に腸内環境を整える努力をしてみてくださいね!

 

マグミットやラキソベロンも効きますが、ただの対処療法であって、腸内環境そのものを良くしてくれる効果はありません。

 

妊娠中太りすぎないためにも、便秘はしっかり解消しておきましょう!

 

妊娠中便秘薬を飲む前に!私のとっておきの解消法はこちら>>